Home > Tags > 東南アジア

東南アジア

ベタ パトティ(BALIKPAPAN)

ベタ パトティ(BALIKPAPAN)
販売名 ベタ パトティ(BALIKPAPAN)
価格 ありがとうございます。完売です。
コメント PH5.5~6.5で飼育
餌は小粒の人工餌と冷凍赤虫を中心に与えております。
東カリマンタンのサマリンダからバリクパパン付近に分布し、ユニマクラータグループに属するマウスブリーディングタイプの大型ベタです。 体側に入る横縞やオレンジがかった体色が特徴的な種です。
  • Trackbacks (Close): 0

ベタ ヘンドラー PALANGKARAYA産(旧ベタsp. パランカラヤ)

ベタ ヘンドラー PALANGKARAYA産(旧ベタsp. パランカラヤ)
販売名 ベタ ヘンドラー PALANGKARAYA(ベタsp. パランカラヤ)
学名 Betta hendra
価格 ワイルド 1ペア 8000円
コメント 餌は冷凍赤虫とブラインシュリンプを中心に与えております。
中央カリマンタンのパランカラヤに分布。
オスの体色はコバルトブルーに輝き、エラ蓋にえんじ色の2本ラインが入る非常に魅力的な種で、一見するとベタフォーシィの幼魚のような風貌を持つコッキーナグループに属するバブルネストタイプの小型ベタです。
  • Trackbacks (Close): 0

ベタsp.LIAGU

ベタsp.LIAGU
販売名 ベタsp.LIAGU
価格 ありがとうございます。完売です。
コメント PH5.5~6で飼育 餌は小粒の人工餌とブラインシュリンプを中心に与えております。 オスは成魚になると体側にパウダーブルーが輝くユニマクラータタイプの大型種です。
  • Trackbacks (Close): 0

ベタ クラタイオス (西カリマンタン カプアス水系)

ベタ クラタイオス (西カリマンタン カプアス水系)
販売名 ベタ クラタイオス (西カリマンタン カプアス水系)
価格 ありがとうございます。完売しました。
コメント PH5~6で飼育
餌は小粒の人工餌と冷凍赤虫を中心に与えております。
西カリマンタンのカプアス水系の上~中流域(SINTANGやSEKADAU)などに分布する尻びれの青味が特徴的なマウスブリーディングタイプの小型種です。
同じ水系には、対象的に各ヒレが良く伸びるタイプのディミディアータが知られています。
  • Trackbacks (Close): 0

ベタ マクロストマ マルディ産

ベタ マクロストマ マルディ産
販売名 ベタ マクロストマ マルディ産
学名 betta macrostoma
価格 ナチュラブリード Sサイズ(約3センチ~ほど)オス、メス不可
1匹 4000円、3匹 9800円、5匹 15000円
コメント PH5~6で飼育
餌は小粒の人工餌とブラインシュリンプを中心に与えております。
幼魚サイズですが成長期ですので、かなり良く餌を食べますが一度にたくさん与えると食べ過ぎによる体調不良を起こしやすいので注意して下さい。
10匹ほどでしたら、30センチぐらいの小型水槽で十分飼育できますので、最初から大きな水槽は必要ありません。
続きを表示する
  • Trackbacks (Close): 0

ベタ ミニオピンナ

ベタ ミニオピンナ
販売名 ベタ ミニオピンナ
学名 Betta miniopinna
価格 ありがとうございます。完売です。
コメント PH5~6で飼育
餌は小粒の人工餌とブラインシュリンプを中心に与えております。
1993年にシンガポール近郊のビンタン島で発見されたコッキーナグループに属するバブルネストタイプの小型ベタです。
近縁にペルセフォンが知られていますが、本種と区別するには腹ビレの色彩が赤色で、先端部がホワイトチップになっているところです。またメスの体色はかなり赤味をおびてます。
  • Trackbacks (Close): 0

ベタ エニサエ(SANGAU)

販売名 ベタ エニサエ(SANGAU)
価格 ワイルド 1ペア 8000円
コメント PH5.5~6.5で飼育
餌は小粒の人工餌と冷凍赤虫を中心に与えております。
1993年にコテラット博士によりカリマンタンのカプアス水系で発見され、1995年に新種として記載されたマウスブリーディングタイプの中型ベタです。
オスはブルーを基調とした体色がとても魅力的な種です。
ベタ エニサエ(SANGAU) ベタ エニサエ(SANGAU)
  • Trackbacks (Close): 0

ベタ シンプレックス(タイプ-2)

販売名 ベタ シンプレックス(タイプ-2)
価格 ナチュラブリード 1トリオ(オス-1、メス-2)5000円
コメント PH6.5~7.5で飼育 餌は小粒の人工餌と冷凍赤虫を中心に与えております。
タイ南部に分布するマウスブリーデングタイプの小型ベタで、近年発見された種です。
シンプレックスと言う種名で販売しておりますが、本種のオスはブルーを基調にした体色で尾ビレに柄も入りとても綺麗なベタです。
水質も中性前後で難しくなく、性格も穏和で複数飼育の水槽内でも容易に繁殖します。 ワイルドベタの入門種としてお勧めします。
ベタ シンプレック(タイプ-2)
  • Trackbacks (Close): 0

ベタ アルビマルギナータ(マリナウ)

販売名 ベタ アルビマルギナータ(マリナウ)
学名 Betta albimarginata
価格 ワイルド 1ペア 13800円
ナチュラブリード 1ペア 6800円
コメント PH5~6で飼育
餌は冷凍赤虫を中心に与えております。
カリマンタン東部に分布し、各ヒレの白い縁取りが際立つ綺麗な種です。
マウスブリーデングを行う中でも小型で性格も穏和で、複数飼育も可能、繁殖も容易です。
ベタ アルビマルギナータ(マリナウ)
  • Trackbacks (Close): 0

ベタ チャンノイデス(タラカン)

販売名 ベタ チャンノイデス(タラカン)
価格 ワイルド 1ペア13800円
ナチュラブリード Sサイズ(約3センチほど) 1ペア6800円
小さめですが、オスの体色が綺麗になって来ました。
コメント PH5~6で飼育。
餌は冷凍赤虫を中心に与えております。
他のロカリティのチャンノイデスとの違いは各ヒレの白い縁取りが綺麗な個体が多く、アルビマルギナータのような雰囲気がある種です。 性格は穏和ですので、他のロカリティのチャンノイデス同様に複数での飼育も問題ありません。
ベタ チャンノイデス(タラカン)
  • Trackbacks (Close): 0
ナチュラ

Home > Tags > 東南アジア

Feeds

▲このページの上部へ戻る